研究

我々は1989年から群知能ロボットの研究を行ってきました.我々は、「ある空間に滞在し,動作している人間」,「人間を支援する知的エージェントとしてのロボット」,「ロボットと人間が相互作用する環境」の三者から構成される系を考えてきました.我々は,動作計画手法、進化的計算、最適化工学,制御工学等を理論的基盤として,ロボット工学,サービス工学,生産システム工学に関する研究プロジェクトを遂行しています.最終的には人間と相互作用し人間を支援するエージェントの知能並びに運動・移動機能を解明し,人を含むマルチエージェントシステム設計論の構築を目指します.現在は「ロボットシステム設計」,「大規模生産/搬送システム設計と支援」,「人の解析と人へのサービス,超適応の科学」という3つの分野において研究を行っています。

現在の研究分野

研究紹介 [日本語PDF] [英語PDF]

ロボットシステム設計

大規模生産/搬送システム設計と支援

人の解析と人へのサービス,超適応の科学

以下,原辰徳氏(東京大学大学院 工学系研究科 主幹研究員/慶應義塾大学大学院 政策・メディア研究科 特任准教授)との共同研究

※研究名をクリックするとPDFを表示します.